英語が話せると海外旅行が楽しくなる理由

英語が話せると海外旅行が楽しくなる理由

よく海外旅行にいくときに英語が話せるととても楽しいと言われます、なんとなく理解はできると思いますが、一体どういう理由からなのでしょうか。

その理由を含めて紹介していきます。具体的な理由がわかればさらに英語学習も身につくということになるはずです。

英語ができると便利な理由

英語が世界中で浸透しているということでやはり圧倒的にコミュニケーションの面で優れていると思います。深堀りしていきます。

事前準備でも活躍

旅行を有意義なものにするため、事前にある程度の情報収集をしておく人が多いです。目的地の詳細、見どころ、地元の名物料理、そして注意点など、ざっと目を通してから行けば、旅を最良のものとし、限られた日数を最大限生かすことができるからです。

調べる手段の第1位は、もちろんインターネット。そしてインターネット上、最も流通している言語が英語です。

ウェブ上にある全情報のうち、54.4%が英語で発信されています。対する日本語の情報割合は3.4%にとどまります。英語の情報が理解出来れば、情報の空白地帯がかなり埋まります。

人と繋がれます

海外の人と話をしようとするとき、まずは英語で話しかけてみることが多いのではないでしょうか。

英語を公用語としている国の数となると世界80か国以上あり、非ネイティブを加えた英語話者の人口は約11億3千万人にまで膨れ上がります。英語が話せたら、繋がれる範囲がこれほどまでに増えるわけです。

海外に行くと現地の人だけでなく、他の国からやってきた人たちもいます。様々なバックグラウンドを持った人たちとの会話は、あなたの感性や世界感を何倍にも広げてくれるはずです。

現地でも活躍

現地では様々なローカル情報が飛び交っています。

それらは、その土地にいるからこそ見つかるものであり、ガイドブックにはもちろん載っていない生きた情報となります。インターネットでさえ見つけるのが困難です。

こう貴重な情報は、現地語のほかには英語で発信されます。内容が理解できたら、ありきたりの観光体験とは異なるユニークな経験ができることは間違いなしです

英検のまとめ

英語が話せても話せなくても、非日常が味わえる海外旅行はそれだけで楽しいものです。しかし、英語が話せることで旅の楽しさが何倍にも増える理由を説明しました。

決して英語がペラペラである必要はありません。挨拶やちょっとした会話に挑戦してみるだけでも、出会う人たちの対応が違ってきます。自分の英語が通じた喜びを体験できたら、きっと、もっと話してみたくなるはずです

TOPページを見る