情報収集に使える英語

情報収集に使える英語

英語が読めてしかも海外のサイトをみることってはっきり言って格好いいですよね。しかも勉強になると完璧ですよね。

読んでいるとも格好よくてしかも表現など正規なものなサイトと言えばニュースサイトです。情報も間違いないものとなります。

ここではおすすめのニュースサイトを紹介していきたいと思います。

SP English公式ホームページ

英語ニュースサイトをみる

英語のニュースサイトをチェックすることができれば、日本語へ翻訳されるのを待つ必要がないので、いち早く情報を入手することができます。

また英語で書かれた記事に日常的に触れておけば、世界の動向をより正確に掴むことができ、知見も深まるのではないでしょうか。

英語で最新かつ詳細な情報を得て、ビジネスシーンに役立ててみるのもいいかもしれません。では早速いきますね。

Bloomberg

Bloombergは、情報へのアクセスを可能にすることで資本市場の透明性を高めることをモットーとしたメディアで、経済界や金融業界で必要とされる世界経済、金融、マーケット、テクノロジーなどに関する情報を一つのプラットフォームにまとめて配信しています。

質の高いニュースや高度な分析ツールによって、迅速かつ効果的な判断材料を提供していることから、世界経済を動かすプロフェッショナルにとって信頼性の高いメディアであると言えるでしょう。

Reuters

Reutersは、インターネットをはじめとした技術を駆使し、世界の金融市場やメディアに向けて速く正確な情報を提供する世界最大の国際通信社として知られています。

日本の多くの報道機関もReutersからの情報を元にニュースや金融情報などの発信を行っていることから、Reutersを通して英語での情報を得ることができれば、日本のメディアが発信するよりも早く情報を得ることができるかもしれません。

THEWALLSTREETJOURNAL

世界各地の記者から寄せられるビジネスや金融情報に関するスクープ記事で知られており、米国にとどまらず国際的に大きな影響力を持つメディアです。

元々は保守系のメディアですが、リベラルなコンテンツも掲載されており、バランスが取れたメディアであると言えるでしょう。

まとめ

世界の動向を知っておけますしメディアであることだけあって文法や表現最高峰です。そして英語でいち早く情報収集できる力は非常に有用なものとなります。

翻訳に頼らずにオリジナルの内容を理解することは、情報をより正確かつ詳細に理解することにもつながります。

ニュース記事は飽きずに読めることが多く、背景知識も役立つので、多読の練習にも最適です。

SP English公式ホームページ
TOPページを見る